大阪で太陽光発電をしています

大阪の端にある我が家、誰も大阪府に住んでいると思ってくれないのです。
私としては、大阪府民より和歌山県民でも良いと思っているのですが、とにかく税金の安い街に住みたいですね。
そんな我が家ですが、3年前に太陽光発電にしたのです。
オール電化にすることで、燃料費が浮くと言う計算をした結果でした。
nullまたラッキーなことは、売電価格が上がったことで家計の助けにもなるのでした。
そんな太陽光発電の設置の時、覚えた言葉がモジュール
これは太陽電池の構成単位なのです。
一般の家庭では、このようなモジュールと単位が多く使われていると思うのです。
この場合、モジュールより寸法が小さいものをセルと呼びます。
そして大きいものがアレイとなそうです。
これも我が家の設置の時聞いた言葉で、覚えているのでした。
そこでモジュールの確認ですが、セルを必要枚数配列させるのです。
そこを屋外でも使用できるように樹脂や強化ガラスと言うもので保護をするのです。
これが屋根の上に綺麗に並ぶのでした。