枚方市で太陽光発電の家を建てる

私も主人も実家が枚方市にあり、それぞれの実家も近いところに新築の家を建てました。
最初から主人は家を建てる時は絶対に太陽光発電をつけると張り切っておりまして、土地が決まってからは入念に複数のメーカーと相談して、シミュレーションをしてもらったり、住宅メーカーを介して屋根の勾配やデザインなども一緒に考えてもらったりしていました。
その結果、屋根は太陽光パネル一体型のものを取り付けました。
これだと、従来の屋根にパネルをつけるものと違い、段差がないので、スッキリとキレイに見えます。
パネルもいっぱい載るように設計しておかげで、4キロワットを確保することができました。
枚方市の助成金の申請は住宅メーカーの方でしてもらいましたので、こちらは引っ越し前の慌ただしい時に面倒がなくて良かったですし、申請が下りたのもスムーズでとても助かりました。
太陽光発電は当初はまだ時期尚早ではと思っていましたが、光熱費がゼロになり、大変満足しています。
枚方市でも太陽光発電を設置しているお家は多いですが、ご近所でも我が家ほどたくさんのパネルを設置しているところはないですし、また、屋根一体型は珍しいみたいで、よく褒めてもらえます。
発電効率も大変よく、毎月の明細書が楽しみで仕方ありません。
まだ入居して半年くらいですが、1年を通して太陽光発電をもっと効率よく使って、家庭の電気をもっと節約しながら売電の量を増やしていければと思っています。