都島区で見られる太陽光発電

大阪市の24区の内の一つ都島区は昔は工場が多く立ち並んでいましたが、現在ではその工場の跡地に高層マンションが立ち並ぶようになってきました。
そのため、住宅地と繁華街の大きく2つの顔を持つようになったのです。
その都島区の街を見渡してみるといろんな太陽光発電パネルを見かけることができます。
今では一般的になりつつ一戸建て住宅の屋根に設置されているところはもちろんですが、ビルやマンションの屋上などにも設置されているところも多いです。
その太陽光発電というのは最近開発された新しい発電システムだと思われがちですが、それは違います。
というのも、50年前にはすでに登場していて実用化されてきたのです。
特に太陽光発電が重宝されたのが宇宙に打ち上げる衛星です。
宇宙では太陽光が当たるところが多いため、半永久的に利用することができますし、比較的軽いため宇宙開発に役立たれてきたのです。
ある意味で、太陽光発電は最先端分野を支えていますし、太陽光発電システムそのものが最先端でもあります。
その太陽光発電システムは都島区の街のなかを歩いていてもわかるように、多くの人々が利用しています。
建物に備え付けるだけでなくスマートフォンの予備電源として使っている人もいるほどです。
ある意味で太陽光発電システムを使っていない人や家庭や企業団体というのは時代の流れに乗れていないといっても言い過ぎではないかもしれません。
ぜひ、大勢の人々に愛用されて欲しいと思っています。