大阪の食文化を活性化しよう

やはり大阪と言えば天下の台所と言われるだけあって、食べ物の町という印象が強い。
特に庶民の食べ物である今風で言えばB級グルメの飲食店が元気である。
比較的安く食べることができ、お腹を満たすことができ、しかも美味しいからだと思う。null
不況や実質経済が低成長の時代でも、庶民的な食べ物はそれなりに成長をし続けている。
その中でも「大阪」を代表する食べ物と言えば、たこ焼とお好み焼きである。
その店の数は相当なものだろう。
私は「大阪」の取組みとしてそういう地場産業に行政の支援を行い、
より強力なブランドを築きあげる必要があると思う。
その支援策の一つが「太陽光発電」の利用である。
単純に「太陽光発電」を普及は大事であるが、その効果を最大限に活かそうと思えば、その支援先の選択である。
「大阪」の特色を考えれば、雇用の創出や観光客収入の拡大を他の観光施設と連携しながら、検討していく必要がある。
やはりB級グルメの代表格であるタコ焼とお好み焼きの飲食店に対し、「太陽光発電」システムの導入支援を行い、
環境に優しいタコ焼とお好み焼きづくりを発信していくべきだと思う。
そうすることで全国への知名度やブランド力の向上を図り、関連産業を活性化すべきだと思う今日このごろです。