大阪府での太陽光発電の導入

最近では、地球にやさしい発電方法である太陽光発電が国内で導入されつつあります。
この発電方法は、建物などに設置された太陽光発電モジュールに太陽熱を当てることで、そのエネルギーを電力に変換します。
この発電方法では、二酸化炭素を発生させないため、地球温暖化の防止にも役立つといわれているのです。
ただ、その設置には多額の費用がかかってしまうので、設置を検討するだけにとどまる人が多いのも現状です。
そこで、国や自治体では、そのような人たちの太陽光発電システムの導入を進めるために、補助金を出す政策などをとっています。
大阪府の場合、府民が住宅用太陽光発電システムを設置するにあたって、補助金制度はありません。
しかし、府民が新築の住居や既存の住居に対して住宅用太陽光発電システムを設置する予定がある場合に、申請に基づいて、設置費用の特別融資を可能にしています。
その限度額は150万円となっており、設置に対して十分な費用となっています。
また、償還期間は10年となっており、長期にわたる返済も可能になっているのです。
そして、利息の計算についても年率1パーセントとなっており、低金利での融資が受けられます。
補助金制度では、初期費用が用意できない人でも、特別融資を受けることで、太陽光発電システムの設置が可能になるため、この特別融資はとても利用の幅が広いといえます。
大阪府では、住宅用太陽光発電システムの普及以外にも、事業用太陽光発電システムの普及も進めているのです。
さらに、大規模太陽光発電所の建設計画もあり、大規模太陽光発電所が建設されればまとまった電力を安定して供給できるようになるため、昨今の原子力発電所の稼働抑制に伴う電力不足に対処することが可能になります。
そして、太陽光発電で発生した電力はためておくことができるため、地震などを原因として停電が起こった場合にも電力が供給できるため、災害対策にも向いているといえます。
今後、大阪府内では太陽光発電がさらに普及していくものでしょう。