太陽光発電の違った効果

東大阪市で太陽光発電をしている家庭では、太陽光発電を導入する前と、導入した後では、大きな変化があったそうです。
太陽光発電を自宅に導入する前は、明日の天気予報をあまり見なかった。
明日の天気を知らなくても、出発する前に天気を判断すれば問題が無いためです。
この状態が、太陽光発電を導入することによって大きな変化がありました。
太陽光発電というのは、太陽の光を使って発電するものです。
そのため、太陽の光に発電量が影響してきます。
太陽の光が多い日というのは、晴れの日です。
発電をするなら、天気が良い方がいい。
太陽光発電を導入すると、その日の発電量を知ることが出来ます。
今日の発電量は、どの程度だったか確認するにつれ、明日の発電量に興味を持つようになります。
明日の発電量が増えるかどうかは天気が関係してくるため、明日の天気をチェックするようになる。
天気を事前にチェックするようになると、事前に準備をするようになり慌てなくなる。
太陽光発電を始めると、このような効果も出るようです。