『東芝』の住宅用太陽光発電

国家においてもメリットの多い太陽光発電ですが、太陽光発電システムを提供する国内企業に、『東芝』があります。
『東芝』は、太陽光発電システムを提供している企業としては、新しい企業で、2010年度からスタートしています。
『東芝』では、住宅用太陽光発電システムを導入しており、パワフル発電、コンパクトで軽量、スマートデザインという、大きなメリットが、その特徴になっています。
新規に参入した『東芝』の太陽光発電システムにおいて、パワフル発電という特徴があるという理由として、世界第7位であるアメリカのサンパワー社との手系があります。
サンパワー社の太陽光パネルは、単結晶シリコンを使用したタイプで、高い変換効率という特徴がある太陽光パネルになります。
『東芝』の太陽光パネルのモジュール変換効率は、17%以上の19.3%になり、世界第1位といわれています。
このように高いモジュール変換効率のために、1kWあたりの相場価格も、高くなっているものですが、屋根の面積が大きくない住宅においても、たくさんの発電量が、望まれる効率の良い太陽光パネルといえます。
高い発電量の望まれる『東芝』の太陽光パネルは、さらに、コンパクトで軽量、スマートデザインという、特徴がありますが、新規参入のために、太陽光発電システムの導入実績をみると、他社に比較すると、少ないという側面があります。
しかし、2010年に新規参入した『東芝』は、2012年には、国内における、売れ筋ランキングでは、パナソニックに次ぐランキングの上昇がみられています。
太陽後発電の普及率は、分子に太陽光発電システム導入件数を、分母に一戸建て件数を持ってくることで、算出できるものですが、2011年における住宅用太陽光発電システムの普及率をみると、全国の平均値で、3.6%と伸びていることがわかります。
各地の普及率をみると、九州地区においては、5%から7%を占めており、北海道や東北地方は、1%から3%の普及率を示しています。
このことから、『東芝』の太陽光発電は、将来性があると推測されます。